会社案内に戻る 株式会社スギタのTOP PAGEへ会社案内(Guidance of Corporation)へ戻る
奈良県香芝市五位堂4−250 株式会社スギタ (会社沿革)
 English Version(英語版)

| 沿 革 | 歴史的な鋳物と展示会 | 鋳物工場跡の現在 | 旧鋳物工場全景 | 灯篭 |



当社は1610(慶長15)年;全国企業the oldest 13th,帝国バンク調べ)に鋳造業を創業されたと云われておりますが、それ以前のことについては定かでない。

 近世より多くの梵鐘・鳥居や燈篭(京都御所内)をはじめ、朝廷の庇護の下、御鋳物師とし農機具や生活用品、製造販売しておりました。例えば、古くは五位堂銭、1970年代前半まで篤農家に愛用された文化財的な鋳鉄製備中、鍬と農具の販売も続けられていた。尚、 (株)杉田鋳造所(株式会社組織1949年)が旧社名です。

 1981(昭和56)年元旦、自宅全焼(両親である杉田仁作香芝町長夫妻死去、工場も一部焼失)し、工場再建するも 鋳造部門の長年の工業用製品への転換遅れと構造不況業種でもあり昭和59年(1984年)にその4世紀近くの歴史ある鋳造業より完全に撤退した。新しく教育、生活サービス事業に転換しております。

 社名も株式会社スギタ(1994年)と変更され、現在は、進学塾(1981年)・パソコンスクール(1998年)・ギャラリー(2000年)・インターネットサービスなどの文化的部門と、トランクルーム(1997年)・駐車場・マンション管理などの不動産部門を主とするサービス業務を行なっております。

 長い歴史に貫かれた「誠実・責任・公正」からの信頼感が何よりと思っております。職業倫理を守り、地域社会への貢献のため今後とも21世紀にふさわしい仕事を目指し、皆さまにご利用戴けますよう、研鑚を重ね、より質の高いサービスをご提供してまいります。

(参考)
1) 我が町香芝市概況(杉田博報告)
2) 奈良県五位堂「杉田鋳造所」資料
    著者:三宅宏司(大阪教大)資料名:技術と文明 巻:2号:1 P97-102
       資料PDF
3) 産業技術史博物館(幻の博物館)<国立産業技術史博物館>
   木製クレーン
4) 五位堂鋳物師関係資料(香芝市二上山博物館)
株式会社スギタ 代表取締役社長
23代当主 杉田 博
 Page Topへ
歴史的な鋳物と展示会

十二社神社の鋳物鳥居
クリックで拡大
十二社神社の鳥居左柱 と右柱
御鋳物師杉田越前・藤原美信が奉納
 近世、鋳物師が活躍し、鳥居に天保十年(1839年、禁裏鋳物師杉田美信)の銘がありますが、今の鳥居の一部は、昭和53年に旧鳥居から型取りし一部補修されました。杉田鋳造所の先祖が寄進されたものと伝えられ、子孫において補修されてきました。
香芝市指定文化財の説明(クリックで拡大)
庭先の灯篭
 画面左下には十二神社の鳥居のころび(柱)部分の修復前のものがある。(修復は昭和53年)
庭にはイグサもあり、鋳物製月見灯篭が玄関先にあり、昔の禁裏御鋳物師の家系を思い出すものであります。(杉田邸前庭)
香芝市指定民俗文化財(有形民俗文化財)
(平成8(1996)年3月12日香芝市指定)

釣り灯篭(鋳物):京都御所にもみられる

十二社神社(秋祭り)10月17日(本宮)
展示会案内(表)
2006年2月4日〜3月26日開催
展示会の案内書の裏
展示会場風景:奈良新聞の写真より転載
我が鋳物の古里・・・香芝市
 「五位堂鋳物師(ごいどういもじ)の展開」として2006年2月4日〜3月26日、香芝市二上山博物館で企画展「展示総数180点)が開催され、16世紀末から17世紀初頭に台頭した大和五位堂鋳物師が紹介されました。杉田家にとっては昭和56年1月1日の火災で幾多の貴重な古文書等は焼失しましたが鋳造用道具類は大阪府、奈良県、枚方市等の各教育委員会へ寄贈しており、現在は鋳物灯篭数基が庭にあります。

 今回は、杉田家からは灯篭1基、十二神社の鳥居(明神鳥居)の柱部分、その他製品、道具が展示されています。奈良県教育委員会の浦西勉氏による講演は3月5日に開催された。 展示会会場内風景
Page Topへ
現在の姿  
煙突の解体(2007年2月) 現在の建物(トランクルーム)
煉瓦の煙突撤去作業
五位堂のシンボル解体(2007年2月)
煉瓦の煙突撤去後の様子
 鋳物工場跡地には現在トランクルームがある。
およそ120年余り堂々とそびえ立っていた煙突・・・五位堂のシンボルでもありましたレンガの煙突。
(高さ20m程度:場所:五位堂4−250)


 2007年2月に惜しまれながら今後、地震・台風などの天災の危険性が高いため撤去しました。

進学塾杉田ゼミ/予備校
進学塾杉田ゼミの入口
杉田ゼミ(玄関)
五位堂4−249
(手前:駐輪場)
左側にはパソコンスクールがある。(鋳物製品倉庫跡地)

(2007年撮影)
Page Topへ
伝統の鋳物工場  
工場全景(東側より)
旧鋳造工場/煙突がある(東側から)
六本松として地元では親しまれていた。
1975年撮影(香芝町史より)

旧杉田宅玄関(香芝市五位堂4−250)
1975年撮影(香芝町史では築220年程度)

旧鋳物工場別棟南側より撮る

1983年老朽化により解体する

1975年撮影(香芝町史より)

旧鋳物工場入口(南東q)
手前に銑鉄が積まれている
1975年撮影(香芝町史より)
  Page Topへ
鋳物製灯篭  
月見灯篭
2000年撮影
常夜燈(旧杉田邸南東角)
2000年撮影
奈良県香芝市五位堂四丁目250番地
(現在)株式会社スギタ
(旧名)株式会社杉田鋳造所

杉田家の家紋(丸に違い矢)
--------------
国立産業博物館(仮称)の収蔵品として
木製天井クレーンをはじめ多数の鋳造用用具・文献などを大阪府へ寄贈⇒感謝状

香芝市指定第29号
平成19年3月23日
有形文化財
杉田家鋳造用具・製品

(t)国立産業博物館は現在、未建築
壊れた3つの灯篭から1つの灯篭に
2000年撮影
参考文献
香芝町史 概説編・史料編
(昭和51年4月29日発行2分冊)
お問い合わせ(Email):office@sugita-corp.com
Page Topへ

会社案内に戻る 個人情報保護法へ進む

TOPへ戻る


Copyright(C) 2000- SUGITA Corporation All Rights Reserved.